飲食店の看板は大事です。

飲食店の看板てとても大切です。それによって入って見たくなるような色彩や文字の形ってあるような気がします。また、素材も長持ちがするスペシャルランチはその日によって違うので、通りに立てるタイプの黒板を置き、そこに毎日違ったメニュをチョークで書いてある飲食店を覚えています。手作りな感じがして良いものです。また、飲食店の入り口付近にその日のスペシャルランチのサンプルを置いてある場合もあります。本物の作りたてのお料理なので、お料理の味が香ってそれに釣られて入ってしまう事もありました。自分の好物だったり、お腹が空いている時はもう我慢する事も困難になるでしょう。店の上の方に掲げる看板は遠くからはっきり見えるぐらいの文字が書いてあると初めてそこを訪れた人に認識されます。このような店は一度入って味が気に入ると又必ず行きたくなります。

飲食店の看板は大事です。

飲食店にとって看板は重要です

お店が多い所に出かけると色々と目を引く物が多くなります。その中でも看板は最も目がいく部分ですしお店を選ぶ最大のポイントになっています。特に飲食店は重要でお店が集中している場所でもそうでない場所でも目立っていなければお客さんを呼び込むことができなくなってしまいます。しかしただ目立っていれば良いということではなくて見た人がハッキリと内容を認識できて価格やオススメメニューや営業時間が解らなければ意味がないのです。見た人に認識してもらうためにはお店の立地に合った物を選ぶ必要があります。国道沿いなどでは車に乗っている人からも見やすいように大きな文字でなければいけませんし街中では見やすさと他のお店の看板よりも気を引くことが大切になります。このようなことから考えてもその重要性が理解できると思います。この部分を改善することによって集客率を上げることが可能になります。

飲食店の看板に絶対に書いてほしいと思うこと

飲食店の看板と言うのは、やはりそのお店を作った人にとっては何物にも代えがたいほどの思いがこもっているのは良く分かります。しかし、個人的にはその思いが優先しすぎて、必要なはずの情報が入っていないことが多いのではと思います。例えばですが、僕が一番多いのは「ちょっとよさそうだな」と思っていったお店が「今日はお休みです」と閉まって居たり、今日はあのお店で夕飯にしようかなと思っていったら「今日の営業は終了しました」と締まっていることなどがあります。意外と書いている方が少ないのですが、やはり「定休日」と「営業時間」はお客さんにとってはお店の方が思う以上に重要な情報です。(実際に、その2つのお店は僕が行く前に無くなってしまいました)また、お店の「電話番号」も極めて重要な情報です。まず、この3つは必ずお店の看板に書いてほしいなと思います。