飲食店の看板の重要度

現在では、飲食店を選ぶ際、ネットで口コミを見たり、店舗情報を見たりして決めるということが増えてきていますが、依然として、お店の外観や雰囲気を重要視する消費者がほとんどだと思います。実際に、目を引くのは、オシャレな外観や雰囲気、わかりやすく値段がはっきりとしている店頭メニューです。新規店舗の場合だけでなく、従来からあるお店も外観や雰囲気、店頭メニューが変わると、なにか新しいお店ができたのかな?お店がリニューアルしたのかな?と通行者の目を引くものです。このような何気ない変化で、注目を集めるのことができるのは看板です。お店の顔と言っても過言ではない看板をしっかりと設置することは、飲食店においてとても重要なことだと思います。ボロボロのものでは、なかなかお店に入るのをためらってしまいます。逆に目をひくようなものだとなんのお店なのかと興味を引くことができます。

飲食店の看板の重要度

飲食店の看板がおもしろい

自分は個性的な飲食店の看板を探すのが好きです。意識してみなければなんとも思わず、街の風景に溶け込んでしまっているそれらを独自の目で見ることが楽しいのです。それは国内でも外国でも、言葉がわからなくても同じように興味のあることです。外国では昔、売っている商品を絵にしてそれを看板にすることが多かったようです。色とりどりのもの、手書き、古くなった看板。文字や色が抜けていても、それぞれにとても味があるのです。一番興味があるのはなんといってもラーメン屋さん、そして次にそば屋さんです。昔からあるお店が多いのですが、今現在新しく出店するお店もわざと古いイメージでつくられていることが少なくないのです。ラーメンや蕎麦というのは古いイメージのほうが味わいがあるということもありますね。飲食店に限らず店構えはその店のイメージそのものですから。

飲食店の看板のデザインについて。

飲食店について最近思うことを書こうと思います。街に出るとさまざまデザインや形状の看板であふれています。最近はデザインも発展して、昔には無かった用な個性的なカラーやフォントを使用しているものも多いですね。たしかにお店の顔でもあるわけで、私も飲食店だけでなく、ファッション関係のショップでも看板の好き嫌いで入店を決めてしまうこともよくあります。お店のイメージやブランドにマッチしていて、あ、このデザインすてきだなと思う店には、入りたくなってしまうものです。最近個人的によく思うのは、発展の一方で、昔ながらのデザインに惹かれる傾向があるということです。老舗のお店だったり、昔からずっとこの場所で代々経営していたんだろうなーというお店は、看板にもネンキが入っていて、歴史が感じられて素敵だなあっと思ってしまいます。