特徴が無い飲食店でも繁盛する看板

飲食店を経営するのならばどうしても看板の設置は不可欠になると思います。多くの看板のHPなどでは「その店の売りとなるものを書きなさい」と書いてあると思います。しかし、意外とその「売り」が「明るいお店」とか「良心的な価格」などあいまいなものであるお店は多いのではと思います。しかし、それならばもっと簡単なことで集める方法があります。例えばですが「うちの店は特に個性が無いな」と思っているお店でも、最初に生を頼んだ方にはサービスとして枝豆を出しているとします。このようなお店の場合は「最初の一杯に枝豆無料サービス!」と書いて、美味しそうな枝豆の絵が飾られた看板を設置したとします。日本人は枝豆が大好きな民族でもあるので、これだけでもかなりの集客効果が見込めることになるでしょう。このようなアイデアを使うのも、集客には大きなポイントになると思います。

特徴が無い飲食店でも繁盛する看板

飲食店の看板は、夜でも目立つように

飲食店で設置されている看板は、昼間の時間帯ですと、ライトはつける必要なく、お客様にはわかりやすいと思いますが、夕方から夜の時間帯は、太陽も沈んでいることから、看板には、ライトをつけて、お店がやっているということを知らせることが大事なのです。飲食店では、営業中は、看板にライトをつけておくことが大事なのです。夜、営業が終わる時間になったら、ライトを消すという作業が必要なので、飲食店で働く時には、店内だけでなく外も注意することが大事なのです。夜営業されている時間が遅くまでやっていると、会社帰りのサラリーマンなどが、食事をするために入ることが多いので、出来るのであれば、遅い時間まで営業されていることがいいですね。また、外に設置しているものは、汚れなどもつくことが多いので、定期的に清掃をされるといいですね。

飲食店の看板が与える心理学的特徴

例えばですが、皆さんが必死に受験勉強をする際にものごとを暗記していた時のことを想像してみてください。その時のことを考えると、基本的に記憶に残りやすいものは「その日、最初に覚えたもの」と「その日、最後に覚えたもの」であると思います。これは心理学でいうところの「初頭効果」及び「新近効果」と呼ばれるものです。さて、なぜこのような話をしたかと言うと、実は飲食店の看板がまさにこの二つの理論の影響を受けるものだからです。最初にまず人は飲食店に入るときに看板を見ます。そして、お店を出るときにも大抵の人は看板をもう一度見ることになります。その時に良い印象を与えられるか否かはそのお客さんたちがリピーターとなってくれるかに大きくかかわります。そこで、「一番このお店の売りになるもの」を書くだけでも、大きな違いが生まれることでしょう。